前へ
次へ

転職の営業求人にも種類がある

新しく営業職に転職を考えている場合、営業求人をただやみくもに探して応募するというのは注意が必要です。
まず営業職にも種類があり、営業求人を見てみるとその種類が明確に分かるようになっています。
そのため転職活動をする間に、自分がいったいどの種類の営業職につきたいのかを考えておく必要があります。
では実際に営業求人で求められる種類ですが、まず1つめに法人営業があります。
これは法人を相手に営業をする仕事であり、一般の顧客ではなく企業へアピールして新規開拓していくタイプの営業職になります。
2つ目は個人営業になります。
個人の営業の場合は一般の人が対象であり車や不動さんなど、飛び込みなどで営業することも多い種類になります。
最後の3つ目になるのが技術営業になります。
専門的な技術を持った上で営業職も行う種類になるので、他の2つに比べると企業側にとっては欠かせない営業職の種類の1つとなっています。
このように営業にも種類があり、自分にとってどれができるのかを把握することが大切になります。

Page Top